南極に出現する「ニンゲン」

南極に出現する「ニンゲン」

Advertisement
 

日本が国を挙げて調査している南極周辺海域で、未確認生物が度々確認されている。

その姿が人間にソックリなことから、調査員の間では「ニンゲン」と呼び出てきたときの状況などを記録しているのだとか。

夏場の比較的気温が高い時期の、夜更けに出現する場合が多いらしく、「おっす!」という日本語に似た鳴き声を出し威嚇をする場合も。

結局数週間ほど姿を現してからは、めっきり姿を見せなくなったようだ。

一説によると、クジラの餌として人間を海に投げ入れているらしく、その中から海中で生き延びることができるようになった人が、進化し「ニンゲン」になったとのこと。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事