臨死体験は単なる幻覚なのか?科学者が予想する死後に起こること

臨死体験は単なる幻覚なのか?科学者が予想する死後に起こること

Advertisement
 

人間が死んだ後、どうなるのなるのだろう?

これは答えのない問いだ。

死を垣間見て現世に戻ってきた人たちはよく、長いトンネルの出口に眩い白い光を見たとか、亡くなった親戚や愛するペットと再会したといった、”向こう側”の出来事を報告している。

臨死体験とは、不思議な要素を伴う深層心理的な出来事のことだという。

人が死線をさまよっているとき、あるいは肉体的、感情的に強い痛みを感じたときに起こる現象だが、心臓発作や致命的な脳の損傷を受けた場合、または瞑想や失神の間にも起こることがある。

こうしたことは珍しいことではなく、死の淵まで行った人の3分の1が臨死体験をしているという。

文化や年齢も、臨死体験の特徴に影響を与えるかもしれない。

例えば、インド人はヒンドゥの死の王Yamrajに、アメリカ人はキリストに会ったと主張する人が多い。

子どもたちは、たいてい光の中で友だちや先生に会ったと語る。

だが、中には、制御不能な感覚、存在しないという意識、地獄のイメージ、神の裁きの自覚など、ネガティブな感覚をもつこともある。

神経科学者のオーラフ・ブランクとセバスチャン・ディガースは、臨死体験には2つのタイプがあると言っている。

一つは脳の左半球に関係していて、時間感覚が変わるのと空を飛んでいる印象が特徴だ。

もう一つは、右半球と関連していて、霊を見たり、コミュニケートしたり、声や音や音楽を聴いたりする。

なぜ、違うタイプの臨死体験があるのかよくわかっていないが、脳の左右の領域で異なる作用が、こうしたはっきりした体験の違いを産み出すのかもしれない。

信心深い人たちは、臨死体験はあの世が存在する根拠で、とくに精神が肉体から分離する証拠だと信じている。

科学的には、肉体から精神が分離される感覚、離人症として説明されている。

こうしたさまざまな仮説のおかげで、また別の考え方も出てきている。

死に瀕するとエンドルフィンが放出されて痛みが消え、喜びの感覚が増幅されて、臨死体験のようなものを引き起こすという研究者もいる。

同様に、ケタミンのような麻薬剤も、幽体離脱のような臨死体験を引き起こすことがある。

また、ジメチルトリプタミン(幻覚剤、DMT)でも、臨死体験が起こるという説もある。

精神医学者のリック・ストラスマンは、1990年から95年にかけて、DMTを注射した人が謎めいた臨死体験をするのを観察した。

彼によると、人間の体は誕生や死の際に、自然にDMTを放出しているという。

しかし、こうした見解を裏づける決定的な証拠はない。

化学に基づく説は、どれも正確性を欠き、人々が体験する幅広い臨死をすべて説明することはできない。

急加速で意識を失った航空パイロットが、トンネル臨死体験をしたケースもある。

 

脳細胞が死に始めたときの、脳の活動によって引き起こされる幻覚だというものだ。

生命の危機のときに臨死体験は起こっているので、生き返った人が説明する話の裏付けになるだろう。

しかし、ありえそうな説だが、この仮説もまた、幽体離脱の理由など、幅広い臨死体験すべての説明にはなっていないということだ。

今のところ、なぜ臨死体験は起こるのか、決定的な説はない。

しかし、研究は続けられていて、この謎めいた現象の理解に懸命に取り組んでいる。

超常現象であろうが、なかろうが、多くの人に意味や希望や目的を与え、死を越えて生き残りたいという人間の欲望の理解へとつながるからだ。

 

引用:http://karapaia.com/archives/52271284.html

Advertisement

カテゴリの最新記事