ミシガン湖の底に眠るキリストの十字架像。水難事故者の慰霊碑として沈められたもの(アメリカ)

ミシガン湖の底に眠るキリストの十字架像。水難事故者の慰霊碑として沈められたもの(アメリカ)

Advertisement
 

水中に横たわるキリストの像。

この像は60年ほど前にアメリカのミシガン湖に沈められたものだという。

水難事故者の慰霊碑としてダイバーを見守っている。

像は、大きな白い大理石でできていて全長およそ3.4m、重量約840kgもある。

 

昨年夏、ここを訪れたダイバーがその神秘的な姿を公開していた。

 

この像はイタリアで採掘された大理石でできており、ミシガン湖に面したリゾート地、ペトスキー岸近くの水深7mあたりに沈んでいるという。

投稿者はただこの像を見に来ただけだったが、表面についた付着生物を見かねてブラシなどで綺麗にしたそうだ。

像は地元のダイバーが定期的に手入れしていても、砂をかぶったり藻や貝がつきやすい。

掃除後は白い表面が見えるようになり、彼も来て見てよかった、と語っていた。

 

 

この像はもともとは1956年にミシガン州で農業を営んでいた家族が、事故死した15歳の息子の魂を慰めるためイタリアの業者に依頼したものだった。

しかし大理石の重い像は輸送中に腕が折れ、設置する予定の教会に着いたときは無残な姿になっていた。

そのため両親は受け取りを拒み、行き場のなくなった像を保険会社が売りに出すと、1962年に地元のダイバーたちが買い取った。

ダイバーたちはその像を水難事故の犠牲者の慰霊碑として、ミシガン湖沖にあるリトルトラバース湾の水深20mに沈めた。

壊れた像そのものは50ドル(約5,400円)とかなり安かった。

が、沈める前に折れた両腕の修復費用などで900ドル(約98,000円)の費用がかかったという。

それから20年以上経ち、像はより湖岸近くの浅い場所に移され、ダイビングクラブ主催の鑑賞会が開かれるようになった。

Advertisement

豆知識カテゴリの最新記事