メタンハイドレートは長期的なエネルギー源となりうるか?

メタンハイドレートは長期的なエネルギー源となりうるか?

Advertisement
 

メタンハイドレートは水とメタンが凍った奇妙な結晶構造である。

数十年前に発見されて以来、代替エネルギーにするというアイデアが真剣に検討されてきた。

それ自体は天然ガスが不足したときの代替エネルギーとなりうる。

しかし、固有の問題もある。

そのほとんどは海底から採掘する必要があるため、大きな規模で展開するには非常にコストがかかるのだ。

また、海底の掘削による海洋環境の汚染も懸念される。

現時点では、それほど高価ではない天然ガスの採掘方法がいくつも存在する。

しかし、将来的にそうした利用ができなくなったとき、石油関連企業や政府がメタンハイドレートに希望を託すべく動きだすと考える専門家は大勢いる。

Advertisement

豆知識カテゴリの最新記事