アトランティスは実在したのか?

アトランティスは実在したのか?

Advertisement
 

失われたアトランティスについては、ちょっと信じがたい突飛な説が数多くある。

 

曰く、そうした言い伝えがまったくないバミューダトライアングルにあった。

曰く、都市をドームで包み海底で今も生き延びている……。

あるいは多少はまともな説として、実在の遺跡に着目するものもある。

ご存知かもしれないが、実はアトランティスはプラトンが一から作り上げた寓話である可能性が濃厚だ。

アトランティスの伝説がただの作り話であると知ってがっかりする人は大勢いるだろう。

それとも、本当にあったのか? 歴史家のベタニー・ヒューズはアトランティス伝説を綿密に調査した結果、プラトンのアイデアには元があることに気がついた。

現在のサントリーニ島は古代ギリシャではテーラの島と呼ばれていた。

ここの住民は商売上手で、3つの大陸の近くにあるという地理的条件を巧みに利用していた。

これが巨万の富をもたらした。だが、テーラの人々は自分たちがまさか火山の真上で暮らしているとは夢にも思わなかった。

紀元前1620年に世界中に影響与えるような大噴火を起こす。

プラトンはどこかでこの話を耳に挟んだに違いない。

ポンペイと同じく、アトランティスのモデルかもしれないこの街は現在よく保存され、過去数十年で歴史家たちに数々の情報をもたらしてきた。

Advertisement

豆知識カテゴリの最新記事