エイリアン・ビッグ・キャット

エイリアン・ビッグ・キャット

Advertisement

生息地は、イギリスでの目撃が多数あるみたいだ。

ファントムキャット、ブリティッシュビッグキャット、モギィー、ビーストとも呼ばれているらしい。

1960年代頃から目撃例がたびたび報告されており、写真や映像の記録にも成功している。

また、エイリアン・ビッグ・キャットと思われる個体の捕獲に成功した記録もあり、UMA としては実在する可能性が非常に高い稀有な存在である。

エイリアン・ビッグ・キャットはヒョウかピューマなどのやや大型なネコ科動物に似た外見を持っている。

家畜を襲うなど獰猛な気性の生物とされているらしい。

目撃談によれば、一般的なイエネコと比べて脚が長く、全体的にがっしりした体格だというがこれはヤマネコに属する各種に共通する特徴でもあるのだ。

なお、イギリスでは、近代以降これらの特徴に該当する野生動物の生息は確認されていないらしい。

また、空気に溶け込むように姿を消す、テレポートを行うなど、超能力らしき能力を持つとする説もあるらしい。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事