ヒバゴン

ヒバゴン

Advertisement

生息地は日本と言われているらしく、類人猿型の未確認動物のひとつ。

1970年代に、広島県比婆郡西城町油木・比婆郡比和町・庄原市(現在は全域が庄原市)の中国山地にある比婆山連峰において目撃された。

ヒバゴンの名称は比婆山からきているらしい。

外見などは類人猿型であり、二足歩行が可能である姿らしい。

体中が黒もしくは濃い茶色の毛で覆われているらしい。

尻の左半分の毛が白がかっており、サルの様に尻の毛の生えていない部分が無かったという。

顔は逆三角形と報告されており、目はギョロ目で大きくつりあがっているらしい。

背丈は1.5m程度と小柄な大人くらいでずんぐりむっくりしている。

体格から推定される体重は85kg程度で足のサイズは27cm程度となっているらしい。

目撃された個体は単一らしく、片足を引きずっており、歩く際に鳴き声と思われる音を発する事があるらしい。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事