ヒツジ男(ゴートマン)

ヒツジ男(ゴートマン)

Advertisement

生息地はアメリカ合衆国とされている。

ゴートマンを直訳すればヤギ男となるらしい。

しかし、目撃情報には「ヒツジのような角を生やしていた」というものもあり、またヤギとヒツジは混同視されがちであるため、日本ではヒツジ男と訳される傾向が強い。

多くの目撃者によると、

「ヒツジのような顔を持つ怪物」とされる。

体長は2mほどらしく、筋骨質の体格をしており、体全体は「ヒツジのようにカールした灰色の毛」で覆われているということだ。

ピッグマンやワニ男のように体は人間に似ているといわれており、二足歩行をすることから、一種の獣人と考えられるらしい。

モンキーマン、アスワング、ピッグマン(ブタ男)、カエル男、モスマン(蛾男)、フクロウ男(オウルマン、アウルマン)、ワニ男、トカゲ男、と同様の半獣半人タイプ。

しかし、「顔が人間で体がヒツジ」、という目撃例もあるらしく正体は不明だ。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事