ビッグフット

Advertisement

生息地は、アメリカ合衆国で目撃されており、同種のUMAの総称である。

先住民であるインディアンの間に伝わるサスクワッチ、サスカッチと同一視される場合もある。

身長は2 – 3m、体重は200 – 350kgらしい。

二足歩行し、歩幅は1 – 1.5mくらいらしく、足跡は大きなもので約47cmらしい。

筋骨隆々で、全身に褐色または灰色の毛が密生している。

顔には毛が生えておらず、鼻が低く、目が落ち窪んでいるみたい。

強烈な体臭を放つとされる。

「猿人やギガントピテクスの生き残り」などの説が挙げられているらしいが、実在についてはアマチュア・学界問わず、長年の論争があるみたい。

アメリカでは広範囲にわたってビッグフットの足跡が報告されており、その石膏型は膨大な数に上っているらしい。

 

メルドラムはビッグフットについて、

「私は科学的な証拠によって、この未確認生物が実在していることを確信しています」

と述べている。

否定派の意見としては「北アメリカに生息するハイイログマの誤認」や「狂言」ではないかとの見解が多数を占めているみたい。

猿人説にしても、北アメリカに猿人が渡ってきた化石証拠はなく、説としては論拠が乏しい。

1840年、ワシントン州スポケーンの白人宣教師が、アメリカ・インディアンの間に伝わる「毛深い巨人」についての話を記録している。

Advertisement

 

未確認生物カテゴリの最新記事