イエティ

イエティ

Advertisement

生息地は、ヒマラヤ山脈に住むといわれている。

全身が毛に覆われ、直立歩行するとされる。

イエティには3種類いるとされ、ズーティ、ミィティ、イエティであり、この3種は家族だともいわれているらしい。

イエティは、シェルパ族の言葉で岩を意味する”Yah”と動物を意味する”Teh”が語源であるらしい。

現地では伝承としてその存在が伝えられていたが、1887年、イギリスのウォーデル大佐が足跡を発見したことで世界に知られるようになった。

その後、実物を目撃したとの報告もあり、1954年のイギリスのデイリー・メール紙のものを皮切りに各国より何度となく探査隊が派遣されている。

日本では1959年に東京大学医学部で小川鼎三教授を代表とする「日本雪男研究グループ」が結成され、毎日新聞社をスポンサーとして、6名の学術探検隊がエベレスト山麓に派遣された。

現地では巨大でヤクを襲うズーティ(「ゾ程の熊」が語源)、2メートルほどの大きさでナキウサギを捕食するミィティ(「人程の熊」が語源)など数種類の呼び名がある。

このうちズーティについては、ヒグマのことを指しているのではないかといわれる。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事