ムカデクジラ

ムカデクジラ

Advertisement

ムカデクジラは、側面や背中に多数のヒレがあるとされている海棲未確認動物。

非常に大きなサイズにまで成長することもあるとされている。

アルジェリア近海で目撃されたものは45メートルにも達していたらしい。

古代ギリシアの著述家アイリアノスは『動物の性質について』(後2世紀)において、海岸でこのような動物が知られていると報告している。

アイリアノスはさらに、この動物にはロブスターのような尾と毛のある大きな鼻があるとする目撃証言を伝えている。

ベルナール・ユーヴェルマンによるとこのような動物は甲殻に覆われたクジラだろうと論じ、ムカシクジラの化石には皮膚の骨化したウロコのようなものが見られることが知られている、と指摘している。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事