クラーケン

Advertisement

クラーケンは北欧に伝わる海の怪物。

タコやイカなど巨大な頭足類のような絵が多い。

中世から近世にかけてノルウェー近海やアイスランド沖に出現したらしい。

19世紀のアフリカ南部はアンゴラ沖に現れた海の怪物もクラーケンでないかと言われている。

クラーケンの姿や大きさについては諸説があるが巨大なタコやイカといった頭足類の姿で描かれることが多い。

ほかにも、シーサーペントやドラゴンの一種、エビ、ザリガニなどの甲殻類、クラゲやヒトデ等々、様々に描かれてきた。

姿がどのようであれ一貫して語られるのはその驚異的な大きさである。

 

「島と間違えて上陸した者がそのまま海に引きずり込まれるように消えてしまう」といった種類の伝承が数多く残っている。

15世紀アイルランドの聖ブレンダン伝承に登場するクラーケンの場合は、島と間違えて上陸したブレンダンが祝福のミサを終えるまで動かずにいたと伝えられる。

体長は2.5kmに及んだというこの“穏やかな”クラーケンには、クジラがその実体ではなかったかとの憶測がある。

実際にクジラには漁業神や海神と見なされる側面があり、このような逸話が世界中に数多く存在するみたいだ。

クラーケンを動物、とりわけ頭足類の一種と考えるのであれば、どれほど巨大であってもマッコウクジラやシャチといった天敵の存在が想定されるため、離脱用として煙幕のように墨を吐く機能を保持していることは生態的に自然ではある。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事