オゴポゴ

Advertisement

生息地は、カナダブリティッシュコロンビア州のオカナガン湖で目撃されたことからその周辺に生息していると考えられている。

体長は約5 – 15mで、60cmほどの大きさの頭部は山羊か馬に似ているとされ、背中にコブがあるみたいだ。

体は緑色でところどころにチョコレート色の斑点がある。

記録に残っている最古の目撃例は1872年だが、1912年の目撃騒動以来有名になった。

もともとオカナガン湖周辺に住むインディアン部族は、この湖に棲む「N’ha-a-itk」、または「Naitaka(ナイタカ)」という名の、巨大な怪物の存在を語り継いでいる。

また、周辺のインディアン部族には、殺人を犯した罰として大精霊によって大蛇に変えられた人間の変化譚が伝えられている。

正体について、肯定派はオカナガン湖に棲むチョウザメの倍数体説、バシロサウルスや首長竜、新種のクジラ説を唱えている。

一方、否定派は湖の副振動や定常波が原因の誤認や目の錯覚では無いかとしている。

Advertisement

 

未確認生物カテゴリの最新記事