モケーレ・ムベンベ

モケーレ・ムベンベ

Advertisement

生息地は、アフリカ大陸中央部のコンゴ共和国、カメルーン、ガボンなどの広大な熱帯雨林の湖沼地帯に生息しているのではないかと想像されているらしい。

元々は現地人に古くから語り継がれてきた伝説上の怪物である。

言い伝えや目撃談を総合すると、体の大きさはカバとゾウの間ぐらい、体長は5~10mで、ヘビのように長い首と尾を持ち、4本脚で、直径30cm以上の丸い足跡には3本の爪跡があるらしい。

1980年代以降、数多くの探検隊が組織されてきたが、21世紀になっても未だ写真、映像、標本など、生息を確実に実証できる資料は皆無に等しく、その存在は謎に包まれているみたい。

知られている特徴を既知の動物に当てはめようとすると、恐竜の竜脚類などが候補に挙がるとして、恐竜の生き残りではないかとする説がある。

このことから、コンゴ・ドラゴンとも呼ばれることもある。

竜脚類は4足歩行をする首の長い恐竜のグループで、ブラキオサウルス、アラモサウルス、アパトサウルスなどが含まれる。

Advertisement

未確認生物カテゴリの最新記事