キャラクターに隠されたレイシズム

キャラクターに隠されたレイシズム

Advertisement

昨今、アメリカ大統領の発言によりなにかと話題となっている人種差別。

「ディズニーの生みの親、ウォルト・ディズニーも人種差別主義者だった」という噂も存在します。

これは、ミッキーやミニーなどのキャラクターにある法則により囁かれているものです。

「なぜミッキーのペットがプルートなのか」「なぜ同じ犬なのにプルートはペットで、グーフィーは擬人化なのか」こんな疑問を持ったことがある人は多いでしょう。

これにすっきり答えるのが、この都市伝説なのです。

ミッキーのように、人間のような振る舞いをするキャラクターは手袋をしています。

中でもミッキーやミニーがはめているのは白い手袋。

ミッキーたちが白人であることを示していると言うのです。

そして手袋をしていないキャラ、例えばミッキーに飼われているプルートは、有色人種特に黄色人種を示しているそうです。

また、初期ディズニー映画の主人公・白雪姫、シンデレラなども白人ばかりでした。

当時では仕方のない思想だったとしても、キャラクターたちの構想が差別思想をほのめかすものでないことを祈りたいものです。

Advertisement

参照:https://castel.jp/p/1049

都市伝説カテゴリの最新記事