となりのトトロは実在の事件がモデル

となりのトトロは実在の事件がモデル

Advertisement

となりのトトロは実際に起きた「狭山事件」という事件をモデルにしているとする都市伝説です。

狭山事件は1963年5月1日に埼玉県の狭山市で当時16歳の女子高生が誘拐後に殺されてしまった悲しい事件です。

この事件とトトロにはいくつも共通点があります。

事件が起こったのは5月(さつきとメイは5月の意)であり、

二人の年齢を足すと被害者と同じ16歳です。

発生場所もトトロの舞台である所沢に近く、

遺体発見後には「狸」や「猫」のおばけを見たという証言があったそうです。

 

Advertisement

参照:https://www.gibe-on.info/entry/urbanlegend-ghibli/

アニメカテゴリの最新記事