話して

話して

Advertisement

夜中寝ていると、付き合っている彼女から電話がかかってきた。

電話に出ると、何故か彼女は息を切らしていて、俺が挨拶しても返事がない。

なんなんだよ、自分からかけといて…。

その後一言だけ「話して、話して」と言ってきたが、何を話せばよいのやら?

よくよく聞けば、電話の向こうから

「もっと聞こえるように言ってやれよ、愛しの彼氏へ」

と、友人たちの笑い声が聞こえてくる。

なんだよ。

さてはあいつら、俺を差し置いて飲んでるんだな、きっと。

飲み屋にいるんだかなんだかで、俺の声が届いていないんだと思った。

「話して」って、電話越しにトークさせるつもりかよ。

どこにいるのか聞いて、乱入してやろうかとも考えたけど、

急に電話も切れたし、眠気がすごかったからそのまま寝たんだ。

解説

「話して」ではなく、「離して」。

彼女は男友達たちに襲われていた。

Advertisement

参照:https://latte.la/column/83740682

意味が分かると怖い話カテゴリの最新記事