叩けば直る

叩けば直る

Advertisement
 

電化製品の初期の頃は、接触不良による故障が多発していた。

テレビは初期の頃、真空管を使用していたための接触不良が多発し、同様に古い電化製品は磨耗などによる接触不良が多かったと言われている。

内部に溜まった埃や塵がその原因である場合が多く、叩いて振動を与えるれば埃や塵が落ちるので、直ることが多かったというのは事実。

現在も、電化製品の修理の際にはまず内部の清掃をする。

これで直ることも珍しくない。

また昔の電化製品は内部の構造が単純だったため、衝撃により接触不良箇所が一時的に改善されることもあった。

すなわち、どんな故障でも「叩けば直る」訳ではなく、特に、気密性の高い現在の電化製品では、効果はほとんど期待できない。

また最新の電化製品などは衝撃を与える行為は本来正常な部分にまで不具合を発生させる可能性もあるので注意が必要。

Advertisement

豆知識カテゴリの最新記事