一家惨殺事件

一家惨殺事件

 

Advertisement
 

ある一家惨殺事件が起こった。

その家に住む両親とその息子が殺害されたようだ妹は、事件の時間ちょうど出かけていて、被害には遭わなかったらしい。

警察が遺体を調べると、父親がダイイングメッセージを残している。

「3」と「564」。

警察は首をひねった。

そして後日、その家族の親戚も全員殺された。

一気に身寄りのなくなった妹。警察が事態が落ち着くまで世話をするということになった。

しばらくして近所の無職(34)の男が逮捕された。

その男は最後まで「男は何もしらない、俺は俺の家から一歩も出ていない」と供述していたらしい。

妹は怖がっていた。

警察官は妹を勇気づけようと、そっとささやくように話しかけた。

「心配しないで、奈々ちゃん。このいやな事件もすぐ終わるから。お父さんとお母さん、お兄ちゃんのかたきは必ずとるからね。」

警察官はそう女の子に告げ、部屋を出て行った。

女の子は嬉しいのかずっと笑っていた。

解説

父親のダイイングメッセージ
「3」と「564」
というのは「37564(皆殺し)」から「7(奈々)」が抜けているものだった。

つまり、奈々が自分以外の家族や親戚を皆殺しにした。

笑っていたのもそういうこと。

Advertisement
 

参照:https://latte.la/column/81237834

意味が分かると怖い話カテゴリの最新記事