幼なじみ

幼なじみ

Advertisement
 

俺(ケンジ)とユウキとアズの3人は小さい頃からの幼なじみだった。

3人の親の仲が良かったので家族ぐるみでの付き合いをしていた。

俺達が中学2年生の時アズの母親が交通事故で亡くなった。

アズとアズのお父さんはとても泣いていた。

しばらくするとアズは、アズのお父さんの実家に引っ越していったんだ。

それから1年位アズとは会っていなかった。

そんなある日、アズから俺とユウキ宛に手紙が届いた。

「ケンジとユウキへ
たのしい季節もあっという間に過ぎますね、私は元気です。
けれど、こっちの生活にも慣れないといけなくて・・・
ちょっと大変、そういえばあの秘密きち!
にんげんが3人入れたよね、あとねこ!
ロックって名前だったね、ちっちゃくてさ。
れんらくあんまり取れなくてゴメンね、またおくる。

P.S.ちなみにこの手紙は父と一緒に書いてます。
また会いたいなぁアズより」

手紙を読み終わった後、ユウキが疑問有り気な顔で「もう一度手紙を見せてくれ」と言った。

手紙を渡すと、食い入るように読み「やばい…」と顔を青くした。

俺ももう一度手紙を読み、理解した。

すぐに両親に事情を話し急いでアズの元へ向かった。

解説

「た」のしい季節もあっという間に過ぎますね、私は元気で「す」。
「け」れど、こっちの生活にも慣れないといけなく「て」・・・
「ち」ょっと大変、そういえばあの秘密き「ち」!
「に」んげんが3人入れたよね、あとね「こ」!
「ロ」ックって名前だったね、ちっちゃくて「さ」。
「れ」んらくあんまり取れなくてゴメンね、またおく「る」。

行ごとに一番最初と最後の文字を繋げて読んでいくと
「たすけてちちにころされる(助けて、父に殺される)」

Advertisement
 

参照:https://latte.la/column/81237834

意味が分かると怖い話カテゴリの最新記事