ハンバーグ

Advertisement
 

中学校に入ってから僕は、一人の男子にずっといじめられてた。

自分の持ち物に「死ね」と書かれたり、殴られたり、俺はちょっと鬱になっていた。

母は心配してくれたが、余裕の無かった僕は母にもあたってしまっていた。

錯乱して暴力をふるうようになった。

凄く荒れ、母に暴力をふるった日の翌朝、顔を腫らした母が笑顔で
「今日は貴方の好きなハンバーグが入ってるから」ってお弁当を渡してくれた。

申し訳ないやら情けないやらで泣きそうになりながら、俺は学校へ行った。

けど、案の定その日の昼に奴が、昼食忘れたからって俺に絡んできたんだよ。

せっかく母ちゃんが作った弁当なのに、俺は殴られて弁当奪われてしまった。

「お前の弁当うめぇな」って言いながら全部食われたあげく空の弁当投げつけられた。

学校飛び出して悔しくて俺泣きながら家帰ったんだよ。

家に着いたら母ちゃんも、なぜか既に泣いてて、

初めて早退した俺に驚きながらも、強く抱きしめられた。

翌日からイジメはなくなった。

解説

暴力に耐えきれなくなった母は、息子の弁当に毒を入れ息子を殺害しようとした。

けれど、後悔して泣いていた。

弁当を食べたのは息子じゃなかった。

Advertisement
 

参照:https://latte.la/column/80866840

意味が分かると怖い話カテゴリの最新記事