透明なジュースはなぜ販売されたのか

透明なジュースはなぜ販売されたのか

Advertisement

コンビニやスーパーなどに、水と見分けのつかない

『透明なジュース』

が増えているのに気付いた人も多いのではないでしょうか。

紅茶やコーラ、乳酸菌飲料など、本来はしっかりと色が付いているはずの飲料が、見事に透明なのです。

多くの『透明なジュース』が開発された理由に関する都市伝説があります。

それは『勤務中や会議中にコーヒーやジュースを飲むのは不謹慎』という意見への対策であるというものです。

ジュースを透明にしてしまえば水のように見えるので、会議中でも気にせず飲めるというわけです。

最近では

「だれがジュースを飲んでいるのか見た目で確認できないから、透明にするのはやめにしてください!」

というクレームもあるとか。

Advertisement

参照:https://loohcs.jp/articles/369

都市伝説カテゴリの最新記事