中国がアメリカを抜いて世界第一位になる?

中国がアメリカを抜いて世界第一位になる?

Advertisement
 

1996年に亡くなったブルガリアの予言者

『ババ・ヴァンガ』

は、9.11テロ事件を見透かしていたかのような予言を残したことで世界中に名が知れ渡りました。

彼女は『5079年で世界が終了するまで』の予言を遺しています。

2018年には中国がアメリカを抜いて世界第1位になると予言しています。

アメリカと言えば経済大国ですが、対する中国もここ10年でのGDPの成長が著しく、2010年には世界第2位に上り詰めています。

そのため「中国がアメリカを追い抜く日は近い?」と噂されているのです。

ババ・ヴァンガは「搾取していた者が搾取されるようになるだろう」と言います。

第1位になって、アメリカとの立場も逆転するということなのでしょうか。

2019年に入ってからも中国景気は衰えることを知らず、いまだ2位ながらもアメリカを猛追しています。

2018年中に逆転することはなかったものの、今後中国経済がヴァンガの予言通り1位になることも十分にありえるかもしれませんね。

Advertisement
 

参照:https://loohcs.jp/articles/369

予言カテゴリの最新記事