タワーオブテラー

タワーオブテラー

Advertisement
 

アメリカディズニーランドにある『タワーオブテラー』は、

ニューヨークの大富豪ハリソン・ハイタワー三世が自分の力を誇示するために建設した豪華ホテルという設定のアトラクションです。

ハイタワー三世は、ある部族から強奪したシリキ・ウトゥンドゥという像のお披露目パーティーの時、制御不能となったエレベーターから落下しどこかへ消えてしまったそうです。

これは、呪いの偶像と言われるこの像を扱うルールを守らず、ぞんざいに扱ったことによるものだとされています。

このようなことからディズニーランドのタワーオブテラーでも、エレベーターの前で経路案内に背いて進むと、行方不明になってしまうなどの都市伝説が生まれました。

日本のディズニーシーのタワーオブテラーは、オリジナルのストーリーとして作り上げたので、この都市伝説がハマるかどうかは行ってみないと分かりません。

もっとも案内通りに進まないとキャストさんの迷惑になりますので、試してみるのはオススメしませんよ。

Advertisement
 

参照:https://loohcs.jp/articles/285

都市伝説カテゴリの最新記事