合わせ鏡

合わせ鏡

Advertisement
 

美容院などで仕上がりを見る時、鏡と手鏡を使って自分の後頭部を見たりしますよね?

このような使い方を合わせ鏡と言います。

午前0時ちょうどにこの合わせ鏡をすると、1分間だけ自分の守護霊が見えるのだとか。

死者にとっても区切りの時間となる日付が変わる時刻に、

鏡が持つ力と死者の持つ強い気持ちが共鳴し、守護霊が映し出されてしまうのではないかという都市伝説です。

午前2時に合わせ鏡に映った自分を見ていると、

正面は未来、後ろは過去の自分が映り、鏡の中の自分が話しかけてくるという都市伝説もあります。

この時驚いたり反応をしてしまうと、鏡の中の世界に連れて行かれてしまうそうです。

驚かずに意識を集中させていると、未来や過去の自分を教えてもらえるようです。

Advertisement
 

参照:https://loohcs.jp/articles/285

都市伝説カテゴリの最新記事