千と千尋の神隠しの幻のエンディング

千と千尋の神隠しの幻のエンディング

Advertisement
 

その幻のエンディングとは、引っ越しをしていると言われているのです。

まず、千尋が車の中で来る前に着けていた髪留めが、銭婆から貰った髪留めに変わったことに気が付きます。

どうして変わっているのか。

千尋自身も覚えていないみたいなのです。

どうやら映画での出来事は現実世界に戻った時には、忘れるみたいです。

そして、この車は新居へと向かっていました。

その途中、丘から引っ越し業者が既に到着しているのが見えます。

千尋の母が「もう業者さん来ちゃってるじゃないの〜」と父親に怒りながら新居に到着。

新居に到着後、引っ越し業者の1人から「遅れられると困りますよー!」と注意されてしまいます。

そんな中、千尋が1人何気なく新居の周りを歩いていると、短い橋の架かった緑ある小川があることに気付くのです。

橋から川を眺める千尋・・・
一瞬ハッと何かを悟ったかのような状態になります。

何を悟ったのか。

それは、この川がハクの生まれ変わり・・・新たな住み処であることです。

そのことに、気付いたかのように意味深に物語が終わります。

と、このように千尋とハクが再会する展開で幻のエンディングは終わっています。

どうですか?あなたは、このエンディングをみたことありますか?

見たことがあればコメントを頂けると嬉しいです。

ちなみにyoutubeにその幻のエンディングを作ったかたがいるみたいなのでのっけておきます。

Advertisement
 

参照:https://tosidensetu-story.com/sentotihiro-kamikakusi-ending-6311

アニメカテゴリの最新記事