進撃の巨人は人種差別により放送休止の危機になっていた

進撃の巨人は人種差別により放送休止の危機になっていた

Advertisement
 

進撃の巨人は人間の姿をした巨人が人類を襲い、そして食べるという話がテーマの作品だ。

無慈悲な巨人に対してどのようにして戦っていくかを描いた話になっている。

そんな人間と巨人との戦いに目が離せない内容となっている。

原作がとても人気ということですぐにアニメ化の話があったようだ。

ただ、アニメ化されるまでには数々の試練があったといわれている。

その中には、放送中止になるのではないかとされるような危機まであったそのらしい。

それは何かと言うと、人を襲う巨人が原作でも意味不明な行動を取ることが多い。

想像も予想もつかない行動を取ることがあるのだ。

その姿は物語り上大事な設定となっているので、アニメにおいてもひとつの「キーポイント」として位置づけされていた。

ところが、この姿が「障がい者を元にしている」という抗議が殺到したらしい。

それが原因で、一時はアニメ放送が中止されるのではないか?とまで言われていたらしい。

ところがアニメは無事に放送され、近年のアニメの中でも一番人気となっている。

誰が「障がい者を元にしている」という発言をしたのであろうか?それは、障がい者団体のあるメンバーと噂されている。

しかし、進撃の巨人に登場する巨人は、そういった描写などは何一つもない。

それどころか、もし団体がそのような発言をしているのであれば、障がい者にかなり偏見な見方をしているということにもなる。

この発言が本当にされたのかどうかも怪しい。

さらには、クレームなどは本当は何もなく、プロモーション活動だったのではないかと言われている。

最近話題になっている炎上マーケティング手法を少し取り入れたのが、「障がい者団体からのクレームにより、進撃の巨人アニメ化中止か?」という興味を惹きつけることができる話題へと進化したのではないかという話もある。

この都市伝説が誕生したのも、ある種のマーケティングでのことであるかもしれない。

都市伝説として広めることができれば、それだけで宣伝になる。

これを利用したのではないかと言われているのである。

Advertisement
 

参照:https://toshidensetu.net/entry37.html

アニメカテゴリの最新記事