出会い系サイト

出会い系サイト

Advertisement
 

暇潰しに出会い系を見ていた時のこと。

偶然、中学時代の友人だったSという子のプロフを見つけた。

ハンドルネーム、趣味などは適当だったけれど、写メを見た瞬間Sだと分かった。

〇〇市(私の地元)在住とあるので、絶対本人に間違いない。

Sは凄く美人で学校内でも有名な子だった。

これは連絡をとらなくてはと思い、すぐに貼られていた捨てアドにメールをしてみた。

私「Sだよね?覚えてるかな、中学で一緒だった○○だよ」すると、すぐに返事があった。
S「○○ちゃん?うわー懐かしい!」
私「あの掲示板で見つけてびっくりしたよ!変わってないね~やっぱり可愛いなぁ。今はどうしてるの?」
S「学校に通ってるよ」
私「あっ、じゃあもしかして〇〇大学?たしかその大学目指してたもんね!」
S「そうだよ!」
私「すごいなー!中学から成績優秀だったもんね!」
S「そんなことないよ。しかも最近、裏の道路が工事中で勉強に集中できないんだー。」
私「裏の道路って〇〇通り?」
S「そうそう!なんか新しい店作るみたい。」
私「そうなんだぁ。コンビニの隣ってずっと空き地だったもんねぇ。」
S「うん。○○ちゃん、よく覚えてるね!」
私「だってSの家はしょっちゅう遊びに行ってたじゃん!中学近かったし、隣の公園でサボってアイス食べるのとか最高だったよね(笑)」

次に来たメールを見た時、私は背筋が凍った。

S「これで分かった、ありがとう」

 

解説

連絡を取っていたのは、SではなくSの家の場所を探していたSのストーカー。

引用:https://latte.la/column/80306380

Advertisement

意味が分かると怖い話カテゴリの最新記事